メニュー閉じる

なぜ病気になるの

なぜ病気になるの

病気にはとてもたくさんの種類がありますが、すべての人がこれらの病気にかかるわけではなく、かかる人もいれば、かからない人もいます。

ふつうは、病気のもとが体の外から入りこみ、それに負けてしまって病気になるのです。
もともと人の体は、病気にならないようないろいろなしくみがかくされています。たとえば、けがをして、病原菌(びょうげんきん)が傷口(きずぐち)から入ってしまうと、血液(けつえき)中にある白血球(はっけっきゅう)というものが、この病原菌を食べてしまうのです。
かぜになったときのことを考えてみましょう。かぜの病原菌はウイルスというものですが、ウイルスは、空気の中にいつもうようよとびまわっています。
元気なときはウイルスがうようよしていてもかぜをひきませんが、つかれていたり、睡眠(すいみん)不足だったり、栄養(えいよう)のバランスが悪いときなどは、このウイルスに負けてかぜをひいてしまうことがよくあります。つまり、ばい菌と戦う力が落ちたときに病気になるのです。
また、外からではなく、たとえばがんのように、もともと体の中に病気の原因がある場合もあります。突然体の中の細胞(さいぼう)が、がん細胞をつくりだしてしまうのです。これは自分の体が自分を攻撃(こうげき)しているわけですから、なかなかなおしにくい病気です。
このように、人間が病気になるのは、外から病気のもとが入ってくる場合と、中にもともと病気のもとがあるというふたつの場合があるのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP