メニュー閉じる

どうしてへそがあるの

どうしてへそがあるの

わたしたちがもっているへそは、ひとりひとりみなちがう形をしています。へそは母親のおなかの中から出てきたときにへその緒(お)を切ったためにできるものです。へその緒が取れたあとが、へそなのです。

へその緒というのはおなかの中の胎児(たいじ)と母親をつなぐ命のつなの役目をしています。へその緒は管(くだ)になっていて、両方をつないでいます。胎児はこの管で母親から酸素(さんそ)や栄養(えいよう)をもらっておなかの中で成長するのです。胎児はおしっこのような排泄物(はいせつぶつ)も、この管で母親の血液(けつえき)の中に流しているのです。
生まれてくるときにもこの管はついたままなのですが、おなかの外に出てしまうと自分で呼吸(こきゅう)をしたりおしっこをするためにいらなくなります。それでへその緒を切りとるわけですが、切ったのこりのへその緒は自然に取れてしまうのです。そのあとがおへそというわけです。このようにへそは、お母さんとつながっていたなごりなのです。

PAGETOP