メニュー閉じる

どうしてへそにはごまがあるの

どうしてへそにはごまがあるの

へそのごまは、ごまのように見えるかもしれませんが、本当はごみのことなのです。へそはへこんでいるために、まわりのごみがたまりやすくなっているのです。

へそは生まれたときに、いらなくなったへその緒(お)が取れたあとです。胎児(たいじ)は、母親のおなかの中にいるときには、へその緒を通して酸素(さんそ)や栄養(えいよう)を吸収(きゅうしゅう)していました。生まれたときに切りはなされて、その取れたあとは傷あとのように、ずっとへこんだままになっているのです。
そのために、体のあかがたまり、へそのごまができるわけです。へそのごまがたまらないように、ふろに入ったときにはていねいに洗っておくといいでしょう。
だからといって、気にしすぎて、つめでほじったりすると、そこからばい菌(きん)が入ることがあるので、気をつけなければいけません。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP