骨は何からできているの

骨は何からできているの

骨(ほね)は、小魚や牛乳(ぎゅうにゅう)にふくまれているカルシウムやリンでできています。

ですから、骨を強くするためには、牛乳を飲んだり、小魚をたくさん食べることが必要です。
そのほかに、骨の中には「にかわ質」とよばれるものや水分が入っています。そして、骨も体のほかの部分と同じように、血液(けつえき)から酸素(さんそ)や栄養(えいよう)を受けとり、不要となったものを血液中に出すはたらきをしています。
赤ちゃんのうちは、体の骨組みは小さくてやわらかいのですが、だんだんとカルシウムやリンをたくわえてきて、大きくかたい骨に成長します。
骨はじょうぶで軽いものですが、それはチクワのように中が空洞(くうどう)になっているところが多いからです。その中には骨髄(こつずい)とよばれるやわらかいものが入っています。
この骨髄は、赤血球(せっけっきゅう)や白血球(はっけっきゅう)という血液の大切な成分をつくっている工場のようなところです。この大事な工場が骨で守られているわけです。
病気などで1週間ほどベッドに横になっているだけで、骨はずいぶん弱くなります。その反対に、よく重い荷物をかついだり、運動をしていると、骨はかたくじょうぶになっていきます。かたい骨でも、そのような変化はしているのです。

PAGETOP