骨はどうしてあるの

骨はどうしてあるの

最初に、もしわたしたちの体から骨(ほね)がなくなってしまったときのことを考えてください。

おそらく、わたしたちは、砂浜に打ち上げられたクラゲのようにダラーンとなってしまい、起きあがることも、動くこともできないでしょう。
このように、骨の第1の役割(やくわり)は、体をささえることです。
第2は、体の中身を保護(ほご)するはたらきです。わたしたちの頭蓋骨(ずがいこつ)は、大事な脳(のう)を守るヘルメットのような役目をしています。また、骨盤(こつばん)も、内楕ないぞう)を守るはたらきをしているのです。
第3の役割は、運動のためにあるということです。つまり、骨には体を動かす役目があり、手足などは、筋肉(きんにく)がのびたりちぢんだりして、それについている骨を動かすことによって、まげたりのばしたりの運動ができるのです。また、あばら骨とよばれる「肋骨(ろっこつ)」も、胸(むね)を広げたりせばめたりする呼吸(こきゅう)運動のためにあります。

PAGETOP