人間の骨は何本あるの

人間の骨は何本あるの

人間の骨(ほね)の数は、本によって「200個」や、「206個」など、まちまちですが、だいたいそのぐらいの数と思っていればまちがいありません。

このように数が一定していないのは、骨の数は、その人の「年」によってちがうからなのです。子供は、大人よりも骨の数が多いのです。なぜなら、子供のころは、はなればなれになっている骨が、大人ではくっついてひとつになっている場合があるからです。腰(こし)にある「骨盤(こつばん)」や、胸(むね)の中央にある「胸骨(きょうこつ)」や、手足の骨などがそうです。
そのために、人間の骨の数は正確に何個と決めることはできません。およそ200個くらいとおぼえておいてください。

PAGETOP