どうして耳で音が聞こえるの(どうして耳はあるの)

どうして耳で音が聞こえるの(どうして耳はあるの)

音というのは、空気のふるえが耳から脳(のう)につたわって感じられるものです。

耳は外のほうから「外耳(がいじ)」、「中耳(ちゅうじ)」、「内耳(ないじ)」という3つの部分に分けられます。耳のあなの入口から鼓膜(こまく)までを外耳、鼓膜の奥を中耳とよんでいます。そして中耳のさらに奥には、中に液体の入った、うずをまいた管(くだ)があります。これが内耳とよばれる部分です。内耳は、カタツムリのからそっくりのかっこうをしています。
さて、今、小鳥が近くで「ピピピピ」と鳴いたとしましょう。その声はまわりの空気をふるわせ、そのふるえがわたしたちの耳に入ってきます。そして鼓膜をふるわせるのです。鼓膜のふるえは中耳から内耳につたわって、さらに内耳の中の液体をふるわせます。この液体のふるえが内耳の感覚細胞(かんかくさいぼう)というものにつたわり、そこから脳に信号が送られ、小鳥の声が「ピピピピ」と聞こえたと感じるというわけなのです。

PAGETOP