どうして耳あかがでるの

どうして耳あかがでるの

なぜ、耳あかはできるのでしょう。家の中でもしばらくの間そうじをしないと、ほこりがたまってきます。耳あかもそんなほこりが耳の中にたまったものなのでしょうか?この答えは、半分は正しいといえます。

耳のあなの奥は、トンネルになっていて、そのトンネルのかべから、ねばり気のある液が少しずつ出ています。これが空気にまじって入ってきたばい菌(きん)やゴミといっしょになってできたのが「耳あか」です。ですから、空気中のゴミだけではなく、体からの分泌物(ぶんぴつぶつ)もまじっているのです。
耳あかは、人によって、しめった感じのものとかわいた感じのものがあります。日本人の場合は、かわいた感じの耳あかがでる人のほうが多いようです。

PAGETOP