どうしてぐるぐるまわると目がまわるの

どうしてぐるぐるまわると目がまわるの

目がまわると、本当にまわりの景色がくるくるまわって見えますが、どうしてあのように見えるのでしょう。これを説明するためには、まず、目でものを見るというのはどういうことかを理解しなければいけません。

目でものを見るというのは、目だけで感じているわけではありません。目で見たものが脳(のう)につたわり、そこではじめて「見えた!」と感じるのです。
ところが、ぐるぐるまわってしまうと、目にうつる景色がものすごいスピードで動いていきますから、目は、その景色をおいかけられずに、頭の中が大混乱(だいこんらん)してくるのです。そうなると、そのうち、目の玉がふるえ始めます。つまり、目がけいれんを始めてしまうのです。
そして、目は自分の考えと全然関係なく細かく動いて、一体どこを見ているかわからなくなってしまいます。そのために、体は止まっても、目は勝手にいろいろなところを見ているのです。
まわりの景色がぐるぐるまわって見えているときは、このように、目がけいれんしているときです。つまり、目や脳が大混乱しているため、目がまわるというわけなのです。

PAGETOP