どうして目やにがでるの

どうして目やにがでるの

目のまぶたにそったところには、油をふくんだねばりけのある液体(えきたい)をだすところがあります。

この液体は、いつも少しずつでていて、まぶたのうらにある結膜(けつまく)というところに広がっていきます。まぶたのうらにこの液体がぬってあると、まばたきをするときに、まぶたがなめらかに動くことができるのです。つまり、機械などにさす油のような役目をしているというわけです。
このねばりけのある液体が、なみだでおし流されて目もとにたまったものが、目やにとよばれるものなのです。
おうちの方へ
健康な人はあまり目やにが出るということはありませんが、かなりたくさんの目やにが出るという人は、目の病気であることも考えられますから、一度専門の医者にみてもらうことをおすすめします。

PAGETOP