自分の臓器(ぞうき)を他人にゆずっても、死なないの

自分の臓器(ぞうき)を他人にゆずっても、死なないの

心臓や肺(はい)、肝臓(かんぞう)、じん臓などを臓器といいます。病気で臓器が役目を果たさなくなったとき、他の人からゆずり受けた臓器に取りかえることを臓器移植(ぞうきいしょく)といいます。

移植という言葉は、もとは植物を植えかえるという意味ですが、今は臓器にも使われます。

臓器は、「脳死(のうし)」の人からゆずり受ける場合と、生きている人からゆずりうける場合があります。脳死というのは、体は生きているけれども脳は死んでいて、ふたたび意識(いしき)がもどることはないと考えられる状態(じょうたい)です。脳死の人からは、心臓、肺、肝臓などさまざまな臓器が取り出され移植されます。

生きている人から臓器をゆずり受けることは「生体移植(せいたいいしょく)」といいます。左右に2つあるじん臓のうちの1つ、あるいは肺、肝臓、すいぞうなどの一部を、家族などからゆずり受けるものです。よく行われているのは、じん臓移植です。じん臓は1つを取っても、もう1つが正常(せいじょう)に働いていれば、生きていくことができるからです。

 心臓のように命に直せつむすびつくだいじな臓器を、取り出してだれかにゆずったら、もちろん生きていくことができません。

PAGETOP