動物はあせをかくの

動物はあせをかくの

人間や、サル、イヌなどのほ乳類は、皮膚(ひふ)に毛があり、体の温度がほとんどかわらないというのが特徴(とくちょう)です。

また、このほかほ乳類には、あせをかくという特徴もあります。あせは、汗腺(かんせん)というあせをだすところから出ますが、ほ乳類には必ずこの汗腺があります。つまり、動物のなかで、ほ乳類ならば、必ずあせをかき、ほ乳類以外のものは、あせをかかないということになります。

しかし、例外もあります。たとえば、クジラの仲間は、ほ乳類ですが、汗腺があまり発達していないために、あせはほとんどかきません。
そのほかに、イヌやネコの仲間も、あまりあせをかかないようです。あせは、あしのうらにほんの少しかくくらいです。

このように例外はありますが、ほとんどのほ乳類はあせをかきます。なかでもウマやサルの仲間は、かなりあせをかくようです。そのなかでも一番あせをかく動物は、何といっても人間なのです。

PAGETOP