イヌはどうしてほえるの

イヌはどうしてほえるの

イヌはイヌだけに通じる言葉で会話をしています。それが「ほえる」ということなのです。感情を表現するわけですから、ほえ方にもいくつかの種類があります。

たとえば、「クーン、クーン」と、みょうに悲しい鳴き方をするのは、助けてほしいときです。それから、「キャン、キャン」と高い声で鳴くときは、どこか痛がっているか、自分の負けをみとめて降参(こうさん)するときに出すことが多いようです。
また、「ワン!」と軽くほえるのは、何か要求があって、自分の方に注意を向けたいときで、イヌは甘えているのです。反対に、「ワン!」と強くほえるときや、「ウ--」と低くうなるときは、危険を感じて警戒(けいかい)しているときです。
そのほか、遠ぼえで、「ウォーーン」と高く、長く鳴くのは、遠くにいる仲間と、話をしているのです。ときどき、救急車のサイレンに、「ウォーン」とこたえているイヌがいますが、あれは、サイレンの音を仲間の遠ぼえとまちがえてほえているのです。

PAGETOP