どうしてイヌはワンと鳴くの,ネコはニャーと鳴くの

どうしてイヌはワンと鳴くの,ネコはニャーと鳴くの

「ニャー」というのはネコの言葉であり、「ワン」はイヌの言葉です。ネコがワンと鳴いてもほかのネコには通じませんから、ネコはニャーとしか鳴かないというわけです。

つまり、動物はその動物だけに共通している鳴き方があるのです。これは長い間に、こういう鳴き方をすると仲間につたわるということがわかってきたために、それぞれの動物の鳴き方が決まってきたと考えられています。ネコはネコ、イヌはイヌどうしで通じることがまず一番大事なことです。だから動物によって鳴き方がちがうのです。
ちなみに、ネコの鳴き方には大きく分けて3通りあります。気持ちがいいときの「ゴロゴロゴロ」、自分の存在をアピールするための「ニャー」、おこっているときの「フーッ!」です。さらに細かく調べると16種類もあるといわれています。
なお、イヌの「ワン」、ネコの「ニャー」は日本人の聞こえ方で、例えばアメリカ人の人に「ワン、ワン」や「ニャー、ニャー」と言っても、イヌやネコの鳴き方としては通じません。

PAGETOP