ウサギはなぜはねるの

ウサギはなぜはねるの

ウサギはイヌのように4本のあしを交互(こうご)に動かして歩くこともできます。しかしそれだとかなりおそくなります。後ろあしをそろえてピョンピョンとぶ方が速いようです。

ウサギはイヌのように4本のあしを交互(こうご)に動かして歩くこともできます。しかしそれだとかなりおそくなります。後ろあしをそろえてピョンピョンとぶ方が速いようです。また、あしの方も、とびやすいように、後ろあしの方が前あしよりも長くなっているのです。
つまり、ウサギがはねるのは、速く走るためなのです。速く走るのはもちろん敵(てき)からにげるためです。ウサギは敵に見つかりやすい草原にすんでいるので、いつも速く走らなければなりません。空にはワシやタカ、すぐ近くにはキツネやヤマネコがいてウサギはいつもねらわれています。ウサギはあの長い耳で、いち早く敵の音に気がついて、すぐウサギとびでにげることで自分の身を守っているのです。
おうちの方へ
ウサギは何の武器ももたない弱い草食動物なのに、敵の目につきやすい開けた草原にすんでいます。そのため、移動するときはいつも走る必要がでてきたのです。そうしないと、生き残っていくことができなかったのでしょう。

PAGETOP