どうしてウサギの目は赤いの

どうしてウサギの目は赤いの

ウサギの目は赤いものだと思いがちですが、どんな種類のウサギでもすべて目が赤いわけではありません。目が赤いのは、カイウサギのうち、体が白いハクショク種やヒマラヤン種だけです。

これらのカイウサギは、体に「色素(しきそ)」という色の粒(つぶ)を持っていません。そのために体が白く、また体だけでなく、ひとみのまわりのところにも色がないのです。
人間のひとみは、茶色だったり、黒だったり、水色だったりしますが、白いカイウサギには色がないために、とうめいなのです。そのため目の奥がすけて見えています。目の奥には、細い血管(けっかん)がたくさん集まっていますから、赤い色をしています。この血管の色が見えているために、白いカイウサギの目は赤いのです。
おうちの方へ
瞳の回りの部分は虹彩(こうさい)といいます。ヒマラヤン種の虹彩には色素がなく、透明なため、赤い網膜が見えているのです。

PAGETOP