どうしてカメにはこうらがあるの,こうらは何でできているの

どうしてカメにはこうらがあるの,こうらは何でできているの

まず、こうらは何でできているかですが、これは、ヘビやトカゲのうろこと同じものでできています。人間のつめと同じようなものですが、つめよりもっとかたいものです。

は虫類のなかで、こうらをもっている動物のことをカメといいますが、なぜ、カメにはこうらがあるのかについては、たぶん体を守るために発達したからだと考えられています。
カメは大昔はこうらをもっていませんでした。今のトカゲと同じような形をした動物だったのです。それが、だんだんと今のような姿になってきたのです。
じつは、カメの祖先(そせん)は、最初胸(むね)のところにある肋骨(ろっこつ)が大きくなり、胸のあたりだけがかたくなっていきました。その後、それが体全体をつつむようになり、胸の骨が、体と同じ大きさになってしまったのです。
そのこうらの中に、手足や頭まで引っこめることができるようになりました。これは、体を守るのに非常に適していたようです。恐竜が絶滅(ぜつめつ)したときにいっしょに絶滅することなく、今も生きのこっているのは、こうらのおかげといってもよいのでしょう。

PAGETOP