カンガルーのおなかにはなぜふくろ(ポケット)があるの

カンガルーのおなかにはなぜふくろ(ポケット)があるの

カンガルーのおなかのふくろは、赤ちゃんを育てるための安全ポケットです。ふくろの中には、お乳(ちち)の出る乳首(ちくび)があり、どんなに小さく生まれた赤ちゃんでも、無事に育てることができます。

赤ちゃんは、中では何もせずに乳首にぶらさがっているだけでいいのです。
あのふくろは、もともと体のしわだったものが変化したもののようです。カンガルーの仲間は大きくジャンプするので、おなかにしわがあって、赤ちゃんがつかまりやすい方がつごうがよく、それが、変化の始まりといわれています。そのうち、最初のしわより少しでもくぼんでふくろになった方がよく育ち、さらにそれよりも深いふくろの方がもっとつごうがいいということで、だんだんとしわからふくろに変化していったのです。つまり、カンガルーは、中で子供を育てるためにおなかにふくろをもっているのです。
おうちの方へ
カンガルーの赤ちゃんはものすごく小さいので有名です。一番大きなカンガルーのアカカンガルーは、大人になると体長が1.6mもあるのに、 生まれたばかりの赤ちゃんはたった2cmしかありません。この小さい子供を安全に育てるために、おなかの袋は大変有効なものなのです。

PAGETOP