クジラはどうしてしおをふくの

クジラはどうしてしおをふくの

クジラは人間やイヌと同じように、赤ちゃんをうみ、母乳(ぼにゅう)でそだてるほ乳類の仲間です。つまり魚の仲間とちがって、水の中で息ができる体になっていません。

動物と同じように、肺呼吸(はいこきゅう)をしているのです。
クジラのしおふきというのは、クジラが、肺からはきだした息なのです。たとえばわたしたちが、プールで息を止めて泳いでいて、顔を水から出したとたんに、口から息をはきますが、これと同じようなことです。よく、しおふきというと、海水を噴水(ふんすい)のようにふきあげていると考えている人が多いのですが、それはまちがいです。
ただ海面に出てすぐに空気をはきだすために、まだ体についている海水や、鼻のあなのくぼみにたまっている海水が、霧(きり)のようにふき飛ばされて、白く見えるのです。また、寒いときは、まわりの気温より息があたたかいので、よけいに白く見えます。
このしおふきの大きさや形は、クジラの種類により決まっているようです。コククジラはきれいなハート型をしているとか、マッコウクジラは頭の角からななめ前に出ているなど、しおふきを見ただけでクジラの種類がわかる人もいます。一番大きいシロナガスクジラはやはりしおふきもすさまじく、10~15mもふきあげます。

PAGETOP