ゾウの鼻はどうして長いの

ゾウの鼻はどうして長いの

大昔、ゾウは今のような巨体ではありませんでした。約6000万年前にいたゾウの先祖(せんぞ)は、今のバクのような動物で、鼻も短かったのです。

このころゾウの先祖は湿地(しっち)や森林にすんでいました。しかし長い間に進化するにつれ、生活の場を草原にうつし、だんだんと体が大きくなっていったのです。
体が大きくなると、水を飲んだりするのにもエネルギーを使うようになります。そのようななかで、鼻が少しでも長いと生きていくのに便利だったのです。そのために、ゾウはだんだん鼻の長い仲間だけが生きのこり、数がふえていきました。そして、ついに鼻の長いゾウだけが生きのこり現在のようになったのです。
この耳の大きさは、すんでいるところによって少しちがいます。たとえば、日がカンカンてりつける草原にすんでいるアフリカゾウは大きな耳をもっていますし、反対に、日かげが多い森にすんでいるマルミミゾウは、これより少し小さい耳をもっています。

PAGETOP