チーターはどうして走るのが速いの

チーターはどうして走るのが速いの

この地球上で最も走るのが速い動物はチーターです。チーターが700mの距離(きょり)を走る時間をストップウォッチではかったところ、 22.4秒という結果が出たそうです。

これは、時速に直すと112.5kmになりますが、途中の速さは、おそらく、もう少し速いと考えられます。
チーターの速さで、とくにすばらしいのはスタートです。出発してから2秒後には、時速72kmにもなります。これは、レーシングカーでさえ不可能なことなのです。しかも、これ以上にすごいのは止まるときです。全力で走りながら、ほぼ瞬間的(しゅんかんてき)にその場に止まることができるのです。自動車の場合、時速100kmのスピードなら、止まるまでに100mは必要です。チーターのブレーキの力が、どんなにすばらしいかがわかります。
このチーターのスピードのひみつは、まず第一に、スピードの王らしい体つきをしているということです。小さな頭、細くて長い足、引きしまった胴体(どうたい)で、「流線形」の体をしています。
また、よく見ると、体中が筋肉(きんにく)のかたまりで、しかもネコ科の動物に特有(とくゆう)のやわらかい体をしています。
つめは、ネコ科の動物ならばふつうは出したりひっこめたりしますが、チーターの場合は出したままなのです。このつめが、地面につきささり、スパイクの働きをしているのです。
つまり、チーターの体をくわしく調べると、本当に走るためだけにできているように見えます。ですからあれほど速く走れるのでしょう。
おうちの方へ
これほどのスピードで走るチーターですが、長距離走(ちょうきょりそう)は苦手です。全身をバネにして走るため、すぐに疲れてしまい長い距離は走れません。そのため、チーターの暮らしはそれほど楽ではないようです。獲物を狙うときは、そっと30mほどの距離まで近づいてから、一気にダッシュして100~200mの間に勝負をつけなければなりません。どんなに追いかけても500mが限界なのです。獲物の動物の中には、時速80~90km近くで走るものもいますから、チーターの狩りはよく失敗に終わります。狩りの成功率は50%以下なのです。

PAGETOP