動物はいつごろからいるの,どうやってうまれたの

動物はいつごろからいるの,どうやってうまれたの

地球ができたのは、今から46億年前といわれています。
そして、この地球ができてからおよそ10億年後に、最初の生き物が海の中で誕生した、と考えられているのです。

しかし、この最初の生き物は、単純な体のつくりをした「バクテリア」のようなものだったようです。それは、植物とも動物ともいえない生き物だったのです。
そして、これが長い時間をかけて進化を続けていくうちに、動物に進化しました。
今からおよそ10億年前、空気中の酸素(さんそ)をすって生きる生き物が現れてきました。その後、7億年ほど前までに、ゾウリムシやアメーバのような、動き回りながら自力でえさをとる生き物が現れてきたのです。このような生き物を原生動物といいますが、これが最初の動物というわけです。
そして、およそ6億年前、ミミズやゴカイなどの仲間や、昆虫やクモ・カニなどの仲間などが現れ、5億年ほど前にはクラゲやサンゴなどの仲間やタコ・イカ・貝の仲間が現れました。このように進化を続け、およそ4億5000万年前には魚類が現れ、3億9000万年前ごろには、カエルやサンショウウオなどの「両生類」、3億3000万年前ごろには、ヘビ・トカゲ・ワニなどの「は虫類」が現れ、そして2億2000万年前ごろには、ようやくわたしたちの仲間、「ほ乳類」が現れたのです。
ただしほ乳類は、今から6500万年前までは、恐竜のかげにかくれて細々と生きのびている目立たない動物だったようです。そして、ほ乳類の少し後、2億年ほど前に最初の「鳥類」が誕生しました。このように、動物は一度に生まれてきたのではなく、だんだんと進化を続けながら、誕生してきたのです。

PAGETOP