どうして動物は(人間と)話ができないの

どうして動物は(人間と)話ができないの

イヌとネコが話をしているのを見たことはありませんし、まして鳥とイヌが話をしているのを見たこともありません。動物はそれぞれ同じ種類の間だけで通じる、決まった言葉があるのです。

それは同じ種類のなかまだけにしか通じない言葉です。だから、同じなかまの動物は、ある程度決まった言葉で話をしているのです。
人間はイヌやネコの動物とは種類がちがうために、やはり話はできません。脳(のう)やのどのしくみなどいろいろな部分が、人間とほかの動物ではちがっているからです。
でも動物と話をしてみようという実験は、ゴリラやチンパンジーを使っていろいろ行われています。ただし、声を出して話せないために、ほかの方法で行っています。
たとえば、日本にいるアイちゃんというチンパンジーは、絵文字で人間の質問に答えることができます。赤えんぴつを5本持たせると「赤い、えんぴつ、五」という絵を見せるのです。自分のおりのかぎをぬすんでにげたこともあるという、かなり頭のいいチンパンジーです。
アメリカには手話(しゅわ)で「ネコ・好き・やわらかい」と話せるゴリラもいるそうです。イルカを使った実験も行われていますが、ゴリラやチンパンジーのようにはうまくいっていません。やはり動物と何でも自由に話すのはなかなかむずかしいようです。

PAGETOP