どうしてカタツムリにはからがあるの

どうしてカタツムリにはからがあるの

なぜカタツムリにはからがあるのかについては、カタツムリのからが、どんな役目をしているかを考えればよいでしょう。

まず、カタツムリをつつくと、カタツムリはすぐに体をからの中にひっこめてしまうというのは、よく知られています。またそのほかにも、天気のいい日には、からにふたをして外に出てこなかったり、冬はからの中でじっとしているといった特徴(とくちょう)をもっています。このことから、からは、カタツムリを危険から守る家のような役目をするものだと考えられます。
危険にもいろいろありますが、第一は、人間やそのほかの動物におそわれる危険です。
危険の第二は、乾燥(かんそう)です。カタツムリの体の表面には、皮がなくむき出しですから、体がかわいてしまっては生きていられません。
危険の第三は、寒さです。カタツムリは寒さに弱く、からの中でじっと春が来るのを待っています。
このようにさまざまな危険から身を守るために、カタツムリのからは役に立っているのです。
おうちの方へ
カタツムリの赤ちゃんは、土の中に産みつけられた卵から出たときに、既に殻をもっています。

PAGETOP