ナメクジはどうして塩をかけると小さくなるの

ナメクジはどうして塩をかけると小さくなるの

ナメクジにかぎらず生き物の体の中には、かなりの量の水がふくまれています。ナメクジも、体の約90%が、水でできています。

ところが、ナメクジの体には皮膚(ひふ)のようなものはなく、うすい膜(まく)のようなものでおおわれています。もちろん毛もありません。これはとても乾燥(かんそう)しやすいということなのです。そのために、ナメクジは体の表面から粘液(ねんえき)をいつも出して、体がかわかないようにしています。また、ナメクジは、いつもジメジメした湿気(しっけ)の多い場所を好みますし、活動の時間もなるべく日の当たらない夜に動くなど、体を乾燥させないために努力をしています。
つまり、ナメクジは、それだけ水分がなくなりやすい体をしているといえます。このナメクジに塩をかけると小さくなるのは当たり前です。なぜなら、塩は水分をすいとる性質があるからです。塩が水分をすう性質は大変強く、空気の中の水分まですいとってしまうほどです。
この塩をかけられるとナメクジは、体の表面の粘液もまったく役に立たずに、体からどんどん水がすいだされてしまいます。それで、ナメクジの体も、小さくちぢんでしまうのです。ちぢんだナメクジは、その後ほとんどは、元気に回復するのですが、ひどいときには、死んでしまうこともあるそうです。

PAGETOP