どうしてネコはネズミを追いかけるの

どうしてネコはネズミを追いかけるの

ネコはネズミだけではなく、よく小鳥なども追いかけています。ネコは小さくて動くものなら、何にでも興味(きょうみ)をもつ動物なのです。

もともとネコは、山や野原にすんでいた野生の動物でした。その先祖(せんぞ)は、アフリカにいるリビアネコというヤマネコであるといわれています。このヤマネコは、小さなネズミや小鳥などをエサにして生きていました。その小鳥やネズミをとるために、ヤマネコは、やぶの中でじっと相手をうかがいながら、すきを見て、はうように近づいていくのです。そして、獲物(えもの)の手前数mのところで動きを止め、ねらいを定めて、あとは一気に獲物をつかまえるのです。ヤマネコは、こういうかりのくらしを長い間続けていたのです。
このヤマネコを、あるときから人間がかうようになりました。人間にかわれるようになったヤマネコは、だんだんおとなしくなっていったのです。しかし、この獲物をつかまえる性質だけはなくなりませんでした。なぜなら、この性質は、おそらくヤマネコが生きていくための、最も大切な習性であるからなのです。そのために、ネコは、今でもネズミや小鳥など、小さくて動くものを見ると、追いかけたりとびかかったりするのです。

PAGETOP