どうしてブタの鼻は大きいの

どうしてブタの鼻は大きいの

もともとブタは人間がイノシシを改良して家畜(かちく)にした生き物ですから、ブタの鼻が大きいのは、祖先(そせん)のイノシシの鼻が大きかったからということになります。

それでは、イノシシはどうして鼻が大きかったのでしょうか。これは、イノシシがどのようにエサをさがしていたかに関係があります。
野原や森が生活の場であるイノシシは、地面の土をほって、ミミズや昆虫の幼虫や植物の根を食べて生きていました。このとき鼻はとても重要です。まず、地中に食べ物がうまっているかをかぎわけなくてはいけません。そして土をほるときには鼻をスコップのように使います。そのために鼻は大きくてがんじょうになっているというわけです。
鼻がいい動物として、すぐイヌを思いうかべますが、ブタもかなり優秀です。たとえば、フランスでは、トリュフというきのこを見つけるのは、ブタの仕事です。ブタは森を歩きながらにおいでこのきのこを見つけることができるのです。

PAGETOP