ヘビはどうしてあしがないの,どうしてあしがないのに歩けるの

ヘビはどうしてあしがないの,どうしてあしがないのに歩けるの

ヘビにはなぜあしがないのか。じつはこの問題は、科学者の間でもいくつかの説に分かれ、まだはっきりした結論が出ていないむずかしい問題なのです。

ここではその中で一番賛成(さんせい)する人が多い説を紹介(しょうかい)します。
それは、「ヘビは、昔、地中にすんでいたトカゲの仲間から進化した」という考えです。現在も、地中でくらしているヘビがいますが、あのドリルのような頭の形や頭のかたさから、地中であなをほるのに頭を使ったと考えられています。
ヘビが、昔、地中で生活していたと考えると、耳が外につき出ていないことも、また体型も、地中で動きやすいように、細くて長くなったことも理解できます。そして、あしもなくなっていったのです。なぜなら、あなの中では、その方が動きのじゃまにならなくて便利だからです。あしのなくなったヘビは、その後、地上に出て、そこであしのないままで生活するようになったというわけです。
では、あしがなくて、ヘビはどうやって歩くことができるのかということですが、ヘビは肋骨(ろっこつ)があしのかわりをしているのです。ヘビは、この肋骨を動かして、体を前に進めています。肋骨を動かすと、おなかの皮がちょうどキャタピラのような役目をはたし、どんな所にでも移動できるしくみになっているのです。

PAGETOP