動物は虫歯にならないの

動物は虫歯にならないの

動物は、ふつうは虫歯にはなりません。なぜなら、ふだん動物は「砂糖(さとう)」の入ったものを食べないからです。

虫歯は、砂糖などを食べて、歯のエナメル質がとけるためにかかる病気です。野生で生きている動物が食べるものには砂糖など入っていません。ですから虫歯にはならないのです。
しかし、動物園の動物は、人から砂糖の入ったあまいものをもらうことがあります。そのために、虫歯になる動物もいます。また、ペットとしてかわれているイヌやネコも、あまいものを食べることがあるために虫歯になることがあります。
野生の動物は、うっかり石をかんだり、獲物(えもの)をおそうときに力を入れすぎてきばをおったりして歯にきずができ、そこから虫歯になることはたまにあります。また、年をとった動物では、歯がすりへってそこから虫歯になることもあります。ただし野生動物は、虫歯になるとうまくものを食べることができなくなるので寿命(じゅみょう)が短くなり、早く死んでしまいます。
おうちの方へ
イヌやネコなどのペットの虫歯は最近増えているようです。これは人間がむやみに甘いものを食べさせることが原因です。かわいいからといってあまり甘いものを与えるのは、動物にとっていいことではないということを理解させてあげてください。

PAGETOP