モグラはどうして土の中にいるの

モグラはどうして土の中にいるの

大昔、モグラは地上でくらしていました。しかし、エサのとりあいがはげしくなり、エサにありつけないモグラがだんだん地下にもぐってくらすようになったのです。

土の中には、モグラの好きなミミズや昆虫の幼虫がたくさんいます。また温度や湿度(しつど)も一年中あまりかわりません。しかもキツネやフクロウのような敵もいないので、土の中は意外にくらしやすいのです。
こうして長い間に、モグラはあなほりにぴったりな体をもつようになりました。前あしはシャベルのようになり、後ろあしはふんばりがきくように特別なでっぱりが発達してきました。また、土の中では目はほとんど必要がないために、うすい膜(まく)がかぶさっています。これなら土が入る心配もありません。物の形は見えなくても、明るさだけは感じることができます。耳たぶも土の中ではじゃまになるためになくなり、えさは、においとひげの感覚だけでさがしているのです。
体の毛は皮膚(ひふ)から垂直に生えて、ビロードのようになっています。そのために、トンネルの中を前にも後ろにも自由に動けるのです。このように、完全に地下のくらしに適した体になってしまったモグラが、再び地上での生活にもどることはないでしょう。”

PAGETOP