ラクダにはどうしてこぶがあるの

ラクダにはどうしてこぶがあるの

ラクダにこぶがあるのは、生きていくためにこぶが必要だからです。ラクダは、砂漠(さばく)で生きる動物です。そこで生きていくために一番大変なことは、水や食べ物をさがしだすことです。

砂漠は、ほとんどが砂地で、一年中太陽が照りつけている所です。水はほとんどありませんし、もちろん植物もあまり生えていません。虫も、ほとんど見かけません。たとえいたとしても、暑さのために砂の中にかくれています。そのようなところで、食べ物を見つけることは、とてもたいへんなことです。
ラクダは、そのためにこぶの中に、体に必要な栄養(えいよう)を脂肪(しぼう)にかえてためているのです。えさが見つからないときには、こぶの脂肪を少しずつ使って命をつないでいるのです。つまり、こぶはラクダの食物倉庫であるといえます。
栄養をためておいてそれを少しずつ使う方が、えさを求めて砂漠をさがしまわるよりも、ラクダにとっては楽なのです。また、背中(せなか)にこぶがあることによって、上からてりつける太陽の光をさえぎることにもなります。このように、こぶはラクダにはなくてはならないものなのです。”

PAGETOP