ラクダのこぶには何が入っているの

ラクダのこぶには何が入っているの

ラクダのこぶの中には脂肪(しぼう)が入っています。脂肪とは動物の体の中にふくまれている油のことです。ラクダは、体に必要な栄養(えいよう)を脂肪にかえて、あのこぶの中にためこんでいるのです。

これは、砂漠(さばく)のような自然条件のきびしいところで、長い間食べ物を食べなくても生きていくための、すぐれたしくみなのです。
このようにこぶとして体の1か所に脂肪を集めておくと、体全体に脂肪があるよりも、体の熱をにがすのに便利なのです。暑い砂漠にすむラクダにはとてもつごうがいいしくみです。また、脂肪が背中(せなか)にあるのは、上からてりつける太陽の熱をさえぎるのにちょうどつごうがいいのです。
ラクダは、長い間何も食べないでいると、こぶの脂肪が少しずつ使われて、こぶはだんだんしぼんで、たれたようになるそうです。

PAGETOP