どうして恐竜という名前がついたの

どうして恐竜という名前がついたの

この「恐竜」という言葉は、外国で使われている「ダイノサウリア」という単語を翻訳(ほんやく)したものです。

この「ダイノサウリア」は、今から約 180 年前にイギリスの古生物学者であるリチャード・オーエンによって考えられた名前です。
オーエンは、それまでに発見 されていた、メガロサウルス、イグアノドン、ヒラエオサウルスという3 種類のは虫類の化石を調べ、この3種類は現在生きているどのは虫類ともちがういくつかの特徴(とくちょう)をもっていることに気づいたのです。
そこでギリシャ語で「恐ろしい」という意味の「ダイノス」という言葉と、「トカゲ」という意味の「サウロス」という言葉を合わせて、この大昔の大きなは虫類の仲間を「ダイノサウリア」とよぶことにしました。
これを日本語に翻訳したとき「恐竜」という言葉で表現したのです。「恐ろしいトカゲ」を「恐ろしい竜」としたのは、大昔のなぞの生物に何か神秘的(しんぴてき)なものを感じたからかもしれません。
おうちの方へ
リチャード・オーエンが「ダイノサウリア」を発表したのは今から約180年前に開かれた英国科学振興協会の年次総会の席上でした。このときオーエンは、当時「巨大化したトカゲ」と考えられていたこの生物に「独自の族または亜目を設ける根拠がある」と発表し、その亜目をダイノサウリアと命名することを提案したのです。

PAGETOP