恐竜はいつごろいなくなったの

恐竜はいつごろいなくなったの

今から約 6600万年前、恐竜 は彼らの仲間である鳥類を残して 絶滅 (ぜつめつ)しました。

6600万年よりも前の時代には、恐竜は地球のあらゆる所で生きていました。そして時をさかのぼること、2億 3000万年前から生活していたのです。最初の恐竜が、は虫類の仲間から進化して生まれてきたのが、およそ2億 3000万年前のことなのです。
つまり恐竜は、2億 3000万年前から6600万年前までの約1億 6000万年もの長い間生きていたのです。
6600万年という時間がどのくらい昔なのか。実感するためのかんたんなたとえをしょうかいしましょう。つくえの上にある消しゴムを、タイムマシンだと考えます。このタイムマシンは、1年前にさかのぼるために8mm動くとします。10年前にさかのぼるには、8cm。100年前にさかのぼるには80cm動くわけです。
それではこのタイムマシンが、恐竜が絶滅した6600万年前に移動するにはどれくらいの距離(きょり)を動くのでしょうか。答えは東京、大阪間とほぼ同じ距離です。恐竜が地球に現れた約2億年前に移動するには、東京、屋久島(やくしま)間の距離を移動しなければいけません。恐竜がどれほど昔にいた生物かがわかりますね。

PAGETOP