人間のせんぞは何ですか,最初は何だったの

人間のせんぞは何ですか,最初は何だったの

よく、人間の先祖(せんぞ)はサルであるといわれますが、それを調べる大事な手がかりは化石です。

現在発見されている化石からいえることは、人間の先祖は、およそ200万年から300万年前のアフリカにいたアウストラロピテクス・アファレンシスという人類だろうということです。
これは、別名 アファール猿人(えんじん)ともいわれているもので、現在わかっている一番確実な人間の先祖であり、ゴリラやチンパンジーとははっきりちがう特徴(とくちょう)をもっていました。
その特徴は、まず2本足で歩いたということです。また、体の大きさのわりに脳(のう)が大きいこと、犬歯(けんし)という歯の中のきばの部分の歯が小さかったということなどの特徴もありました。
しかし、このアウストラロピテクス・アファレンシスにも、先祖がいるはずです。ところが化石が発見されていないためにそれ以上はよくわかっていないのです。その先祖こそ、類人猿(るいじんえん)、つまりオランウータンやチンパンジーと人の共通の先祖だといわれているのですが、おそらく3000万年~2000万年も前のことであるために、まだよくわかっていないのです。

PAGETOP