カラスはどうして黒いの

カラスはどうして黒いの

動物の体の色は、種類によってちがっています。たとえばカラスは黒い色をしていますが、リスなどは茶色、ホッキョクグマはまっ白、キリンやトラは体に模様(もよう)をもっています。また、小鳥には赤や青、黄色や緑などとてもあざやかな色をしているものもいます。

しかし、このような色というのは、その動物が好きに選んだわけでも、神様が決めたものでもありません。それでは、たまたまそのような色をしているのかというと、これもそうではありません。体の色は、その動物がすんでいる場所や、くらし方で、だいたい決まってくるものなのです。
つまり、動物は、なるべく目立たない方が生きていくうえではつごうがいいのです。すんでいる場所の風景の中にとけこんで、目立たなければ、敵におそわれることも少なくなります。また、獲物(えもの)をとるときでも、目立たなければおそいかかる直前まで相手に気づかれることもありません。

このようにして、その環境(かんきょう)のなかで生きていくのにつごうのよい色や模様(もよう)をしたものが、長い年月の間に生きのこってきたというわけなのです。日本のカラスはまっ黒ですが、ヨーロッパには首から胸(むね)、腹(はら)が白 っぽいコクマルガラスというカラスがいますし、ヒマラヤには、体は黒いがくちばしが 黄色くてあしが赤いキバシガラスというカラスもいるのです。
日本のカラスが黒いのは、おそらくその色が日本の森の中では目立たずにつごうがよかったからと考えられます。

PAGETOP