鳥はどうしてとべるの

鳥はどうしてとべるの

紙飛行機はもちろんのこと、ゴム動力やモーターでとぶ模型(もけい)飛行機も、その大きさのわりにはとても軽く作られています。
空をとぶためには、何よりもまず、体が軽くできていなければなりません。

じつは、空をとぶ鳥も、体や翼(つばさ)の大きさのわりには、体がとても軽くできているのです。
鳥は見た目には、とてもふっくらしていて重そうに見えますが、それは羽毛がふくらんでいるからで、本当はとても細い体をしています。また、骨は、中が空洞 (くうどう)になっていますが、支柱のようなつくりがたくさんあるために、 軽くてじょうぶなのです。また、体を少しでも軽くするために、鳥は、ものを食べても、すぐにうんちにして外に出してしまいます。つまり、鳥はとぶために徹底的(てっていてき)に体を軽くしているというわけなのです。
とぶことのできる鳥のなかで重いのは、アフリカオオノガンやナキハクチョウという鳥で、これらは翼を広げると2m以上にもなります。しかし、体重はというと、せいぜい20~25Kgしかありません。これ以上の重さではとぶことができないからです。
反対に、空をとばない鳥のなかにはとても重いものがいます。たとえばダチョウは、体重が150kgもあります。
また、空をとぶためには、軽い体のほかにも、鳥は次のような体の特徴(とくちょう)をもっています。それは、体のわりに大きな翼をもっていること、翼を強く動かすための大きな筋肉(きんにく)をもっていること、それから、空気抵抗(くうきていこう)の少ないつるつるの羽毛でおおわれた流線型(りゅうせんけい)の体をもっていることなどです。このようなことも空をとぶためには必要なことなのです。

PAGETOP