ニワトリはどうしてとべないの

ニワトリはどうしてとべないの

ニワトリは、わたしたちの食べ物として、とても大切な鳥です。このニワトリは日本全国に何と3億羽以上もいるといわれています。これが世界全体となると、どのくらいの数になるのか、想像もつきません。

ところが、ニワトリという鳥は、人間にかわれているだけで、野生の「ニワトリ」は1羽もいないのです。もっとも、現在はかわれているだけのニワトリにも、先祖(せんぞ)となる鳥はいました。ニワトリの先祖は、東南アジアの森にすんでいる「セキショクヤケイ」と考えられています。大昔の人が、このセキショクヤケイを食べたところ、肉や卵がとてもおいしかったために、つかまえてかいはじめました。そのなかでも、よく卵をうみ、肉がおいしくて、しかもおとなしくてかいやすいものを、どんどん選んでいったのです。
その後、セキショクヤケイは、だんだんと太り、また、人間にかわれている間は、ネコなどの敵におそわれることも少ないため、とぶ必要もなくなったのです。そして、今のニワトリのようなとべない鳥になってしまったというわけです。
とはいっても、ニワトリの先祖のセキショクヤケイも、もともととぶのがあまり得意な鳥ではなかったようです。昼間は地上を歩きながら食べ物をさがし、夜になり、木の枝の上でねるために飛ぶくらいなものだったのです。つまり、もともととぶのが苦手なうえに、人間にかわれて太ってしまったため、ますます飛ぶのが苦手になってしまったというわけなのです。
おうちの方へ
ニワトリにもまだ飛ぶ力は少し残っています。太りすぎていなければ、屋根の上くらいまでなら飛ぶこともできるのです。

PAGETOP