ニワトリはどうしてたまごをうむの

ニワトリはどうしてたまごをうむの

どんな鳥でもたまごをうみます。人間やイヌやネコが赤ちゃんをうむのと同じで、鳥も子孫(しそん)をのこすためにたまごをうむのです。

しかし、ジュウシマツやブンチョウなどにくらべると、ニワトリはたくさんのたまごをうみます。じつはどんな鳥でも、うむたまごの数は、ひながかえったあと、えさをあげたりきちんとめんどうを見られるだけの数にかぎられているのです。ジュウシマツやブンチョウが少ししかたまごをうまないのはこのような理由からです。
ところが、うんだばかりのたまごを取られると、どんな鳥でも、つぎつぎにたまごをうむという性質があるのです。もちろんこれにも限界(げんかい)はありますが、うんだばかりのたまごをとりあげると、うむたまごの数がふえていきます。
ニワトリは昔から人間にかわれていて、たまごがおいしいことに気づいた人間が、うむとすぐにたまごを取ってしまったのです。しかも、なるべくたくさんたまごをうむニワトリを選んでいったのです。それを長い間くりかえしているうちに、たまごをよくうむニワトリに改良され、今では、1年中ほとんど毎日たまごをうむようになってしまったのです。

PAGETOP