メニュー閉じる

卵が先か、ニワトリが先か?

卵が先か、ニワトリが先か?

こたえ:進化論でいえば、卵が先です

ニワトリは卵から生まれるから卵が先? それとも、 卵を産むのはニワトリだからニワトリが先?−−「卵が先か、ニワトリが先か」は、2つの関連した物事の「どちらが先か分からない」「どちらが原因か分からない」という意味で使われたり、「一方が生まれるにはもう一方がすでに存在していなければならない」という辻褄(つじつま)の合わない状況を表すたとえとして使われたりします。古代ギリシャの時代から人々を悩ませてきたこの疑問は、哲学や神学、生物学、数学などの分野で考え方が違い、さまざまな意見が出されています。

このページは「科学なぜなぜ110番」なので、今回は進化論と生化学の2つの考え方を紹介します。

イギリスの自然科学者であるダーウィン(Charles Robert Darwin1809-1882)が提唱した進化論は、生物は現在の姿で生まれたわけではなく原始的な形から進化したものだと考え、その進化の原因や過程を研究する分野です。たとえば、人類の起源は30万年前にアフリカで誕生したホモ・サピエンスだとされています。

この進化論によると、ニワトリの先祖は東南アジアの森に住むセキショクヤケイという鳥で、それを飼い慣らしたのがニワトリです。このセキショクヤケイの「セキショク」は、漢字で書くと「赤色」。ニワトリの先祖は羽の色が赤い鳥でした。

ここで、その順番を追ってみましょう。先祖は羽の色が赤色だったのですから、まず、羽の赤い親鳥がいました。その親鳥が卵を産み、その卵から白色の羽のニワトリが生まれてきたと考えられます。

生き物の世界では、親とちがう体の色や性質を持った子どもが生まれる場合があり、これを「突然変異(とつぜんへんい)」といいます。赤色の羽の親鳥が産んだ卵から、突然変異で白い羽のニワトリが生まれたわけです。そうなると、進化論では「卵が先」という結論がみちびき出せます。

一方、生命を化学の視点から研究する生化学の分野では、2010年に新たな研究結果が発表されました1。イギリスのシェフィールド大学とウォーリック大学のチームによるものです。それによると、卵の殻(から)とニワトリの卵巣(らんそう)の両方にふくまれるたんぱく質「ovocledidin-17」には、ニワトリの体内で卵の殻の形成を促(うなが)す働きがあり、卵巣の中にovocledidin-17がないと卵ができないことが分かったそうです。つまり、ニワトリがいなければ卵はできない、ということ。そのため、この研究結果を知った人の中には「ニワトリが先」だと考える人もいました。

ただし、この研究の目的は「卵が先か、ニワトリが先か」を明らかにすることではありませんし、研究者自身も「決定的なこたえが出たわけではない」と言っています。やはり、この論争は決着していないのです。

参考資料

1)ウォーリック大学の発表「Researchers apply computing power to crack egg shell problem」:

https://warwick.ac.uk/newsandevents/pressreleases/researchers_apply_computing/

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP