ペンギンはどうしてとべないの

ペンギンはどうしてとべないの

ペンギンの体には、ひれのような小さな翼(つばさ)がありますから、先祖(せんぞ)は空をとべる鳥だったようです。

おそらく、大昔、ペンギンは今のカモメのように、空をとんできて海面におりて、食べ物をとっていたのでしょう。
ところが、ペンギンの先祖がくらしていたところは、敵も少なく、かなり安全であったために、今のカモのように、ふだんは水面にうかんでくらしていて、どこか遠くへ行くときだけとぶようになったのでしょう。
こうして水面にうかぶくらしを続けているうちに、だんだん水中にもぐってえさをさがすようになりました。そして、長い間水中にもぐるようになると、やがて翼を水の中で使うようになりました。翼をはばたいて泳ぐため、とても速いスピードで泳ぐことができるようになったのです。
こうすると、獲物(えもの)をうまくつかまえられるし、敵からもすばやくにげられます。こうして、翼も、泳ぐのにつごうのよい形にかわっていったのでしょう。
やがてペンギンの翼は、もうすっかり空をとぶための道具ではなくなり、完全に泳ぐための道具になってしまいました。体も鳥にしては重くてたくましいのですが、泳ぐときに馬力(ばりき)が出るから、それはそれでよかったのです。
こうして、ペンギンは、ついにはまったくとべない鳥になったのです。

PAGETOP