カニはどうして横に歩くの

カニはどうして横に歩くの

カニがどうして横歩きなのかを、まず、あしから考えてみましょう。カニは、クモや昆虫(こんちゅう)などと同じ節足(せっそく)動物の仲間です。

この仲間は、たくさんのあしをもっているのが特徴(とくちょう)です。昆虫のあしが一番少なく、6本ですが、ヤスデは、なんと60本以上もあしがあります。
カニのあしは全部で10本あります。このうち2本はハサミになっていますから、歩くのに使うあしは8本となります。
ところで、カニの体は、横に長い四角の胴体(どうたい)をしています。そして、体の横の方にあしがならんでいて、あしとあしの間が非常にせまくなっています。しかも、あの太さと長さをもったあしですから、前に歩こうとすると、あしがぶつかりあって速く歩けないのです。
しかし、横にならば、あしとあしの間にすきまができるために、おおまたで、しかも速く歩くことができます。カニの仲間は、昔、砂浜や岩の上をすばやく動くために、横に歩く歩き方を見つけたのだろうと考えられます。
どのように歩いてもかまわないのですが、敵におそわれたとき、とにかくすばやくにげることができなければ、生きのこれません。そのために、カニは速く歩くことができる横の方に歩くようになったというわけです。
おうちの方へ
ゆっくりなら前に歩くカニもいます。どこの世界にもへそまがりはいるようです。

PAGETOP