カニはどうしてはさみをもっているの

カニはどうしてはさみをもっているの

カニがはさみをもっているのは、人間の指をはさむためではありません。もともとはさみは、物を食べるときに使う道具で、食べ物をつかんだり、くだいたりするものです。

たとえば、川にすんでいるサワガニは、雨のときに、静かに岸辺に上がってきて、ミミズや小さな昆虫をうまくはさみでつかみながら、それを食べています。人間でいえば、手か指のようなものなのです。
カニのはさみが物を食べる道具であることは、エビのように小さなはさみしかもっていない仲間がいることを考えてみてもわかります。もしはさみの一番の役目が武器であるならば、小さなはさみの仲間がいるのは考えられません。小さなはさみでは、武器にならないからです。
しかし、なかには、ケガニやアメリカザリガニなど、かなり大きなはさみをもっている仲間もいます。あの大きなはさみは、物を食べるのに使っていた道具が、戦ったり獲物(えもの)を殺したりしやすいように、長い間に進化したものなのです。

PAGETOP