ザリカニはどうしてはさみをもっているの

ザリカニはどうしてはさみをもっているの

ザリガニをつかまえようとしたことのある人は、だれでも指をはさまれた経験があるでしょう。ザリガニは、とても気が強い性格で、つかまえようとすると、はさみをさっとふりあげて、きつくはさむのです。

あのはさみは、ザリガニの大事な武器となっています。ザリガニのおすどうしが出会ったりすると、すぐけんかが始まります。獲物(えもの)のうばいあいをすることもよくあります。
このように、ザリガニのはさみは、自分を守り、相手を攻撃(こうげき)する大事な武器でもあるのです。
しかし、もともとザリガニのはさみは、物をはさむための道具だったのです。えさをはさんで口に運んだりするためのもので、人間の手のようなはたらきをしていました。
それが、だんだんと進化して、今のようなりっぱなはさみをもつようになったのです。だから、今でもザリガニは、大きなはさみを器用に使って、獲物をつかんで食事をしています。
おうちの方へ
ザリガニのはさみはとれてしまっても、また再生します。

PAGETOP