タコはどうしてすみをはくの

タコはどうしてすみをはくの

タコやイカは、すみをはくので有名です。このすみは、体の中にある墨汁嚢(ぼくじゅうのう)というふくろで作られています。

昔は、すみは、海の中に出るとパッと広がり、タコを食べようとするウツボなどの敵(てき)の目をくらませる働きをする、といわれていましたが、最近になり、そうではないことがわかってきました。なぜなら、実際にタコがすみをはくようすを見ると、タコが発射(はっしゃ)するすみは広がるのに時間がかかり、海の中をゆっくり広がっていくからです。
このことは、たとえば、洗面器(せんめんき)に水を入れて、スポイトでインキをたらしてもわかります。インキは、なかなか広がりません。タコのすみも、これと同じで、とても敵の目をくらますほど、パッとは広がらないのです。すみが広がる前に、敵はゆうゆうと、タコをつかまえることができるはずです。
そうなると、どうしてタコは、敵にすみをはくのか、とてもふしぎです。じつは、タコのすみは、敵の目をくらますのではなく、敵の「鼻をくらます」ためのものだったのです。つまり、あのすみには、敵の鼻をしびれさせるしびれ薬が入っていて、タコがどこににげていったかわからなくする力があるのです。

PAGETOP