どうしてタコには骨はないの

どうしてタコには骨はないの

タコと同じように水の中にすむ魚には、骨(ほね)をもつものも多いのですが、なぜかタコには骨がありません。このひみつをとくためには、タコの先祖(せんぞ)の話から始めなければなりません。

話は、海の中、地球で最初の生き物が生まれたころまでさかのぼります。地球に誕生(たんじょう)した最初の生き物は、ただやわらかいだけのかたまりだったのです。もちろん骨などはありませんでした。しかし、これでは敵にすぐ食べられてしまうために、よろいのようなかたいからで体を守るようになったのです。
これが、今の貝の仲間なのです。貝は、敵が食べようとしても、からをとじてしまうとかたくて食べられません。守りが非常にかたいのです。しかし、そのかわりに、動きはにぶくなってしまいました。
そのようななかから、あるとき貝のからを捨てたものがいたのでしょう。そして、それが、長い間にタコに進化していったのです。
おうちの方へ
アオイガイ(別名カイダコ)のめすは、長さ25cmほどの貝殻をもっていて、この中に卵を産んで保護します。

PAGETOP