キンギョはどんなたまごをいつうむの

キンギョはどんなたまごをいつうむの

キンギョが卵をうむのは春で、4月から5月にかけてがほとんどです。このころになると、おとなのめすのおなかは卵でだんだん大きくなってきます。

卵がもっと大きくなり、産卵(さんらん)ができる時期になると、めすが水の中に、合図の「におい」を出すようになります。するとおすは、そのにおいをかぎつけてめすを追いかけます。
このとき水草のようなものがあると、おすとめすはその近くではげしく動いて、卵をうみます。その水草をよく見ると、直径1mmくらいのすきとおったつぶがたくさんくっついているのがわかります。これがキンギョの卵なのです。もし、卵がかえって、キンギョの赤ちゃんがおよいでいたら、ミジンコなどをあげて育ててあげるといいでしょう。
おうちの方へ
卵が水槽のガラスにくっついている場合もあります。よく観察してみましょう。

PAGETOP