魚はどうして泳げるの

魚はどうして泳げるの

わたしたちに手足があるように、魚にはひれがついています。ひれには、むなびれ、せびれ、はらびれ、しりびれ、おびれがあり、むなびれとはらびれは左右にひとつずつついています。
魚はこのひれを

動かして、わたしたちが足で歩くように泳いでいるのです。スピードを出すときは、おもにしっぽからおびれの部分を使っています。
ほかのひれは、体のつりあいを取ったり、方向をかえたりするときに使います。キンギョのようにゆっくり泳ぐ魚は、全部のひれをひらひらさせていますが、速く泳ぐマグロは、使わないひれをぴったり体にくっつけて、水の中でじゃまにならないようにしています。こうすると水の中でも自動車と同じくらいのスピードが出るのです。
そのほかウナギのように細長い魚は、体全体をヘビのようにくねらせて泳ぎます。

PAGETOP