どうして魚にはうろこがあるの

どうして魚にはうろこがあるの

魚のうろこは、体の皮膚(ひふ)が変化したものです。それには、敵(てき)から体を守るという大事な役目があるのです。

ふつうはどんな魚にもうろこはあります。たとえば、うろこがないように見えるウナギも、じつは細かなうろこが皮膚の中にうまっているのです。
サメは細かなうろこをもっていますが、ひとつひとつをくわしく見ると、うろこというよりも歯ににています。
おうちの方へ
大昔の魚の祖先には、まるで鎧のようなうろこをもつものもいました。

PAGETOP