どうして魚にはまぶたはないの,まばたきはしないの

どうして魚にはまぶたはないの,まばたきはしないの

魚にはまぶたはありませんが、まぶたがなくてもあまり問題はありません。人間はかわいた空気の中でくらしていますから、まばたきをして、なみだで目の表面をぬらしています。

これはいつも目がかわかないようにして、目を守っているのです。しかし魚は水の中にいますから、わざわざぬらす必要はありません。ですからまぶたはいらないのです。またまぶたがないのですから、当然まばたきもできません。
魚の種類によってはまぶたのようなものをもっているのもいますが、それらもやはりまばたきはしていません。

PAGETOP